ソーシャルメディア

© 2018 Pinnovation Co.,LTD

 名古屋東オフィス

461−0024

​名古屋市東区山口町9-15 603

​info@pinnovation.co.jp 

ピノベーション株式会社

 

私たちはコンサルティングや
ビジネスマッチングでは
ありません

新規事業を成功させるためには事業プランの作成やオープンイノベーションの一環としてのマッチングも重要です。ですがそれらはただの方法論だと考えています。だって新規事業を興して売上と利益を立てることが本当の目的ですもんね?我々ピノベーションはその売上利益という結果にコミットし、一緒に成果を創りあげます。

中小企業だって新規事業が必要です

中小企業で新規事業を行うことはとても大変なことです。ただでさえ本業が忙しいです。余分な人もカネも時間だってありません。でも経営者として、売上のほとんどが特定の得意先に偏っていて本当にいいのか、自動運転やEV、AIやロボットなどの技術革新が進んでいく中で自分たちは変わらなくて良いのか、と常に自問自答されているのではないでしょうか?

本気でやらなきゃ何も生まれない

​新規事業が立ち上がらない原因はたくさんあります。でも一番の原因ってなんでしょう?良いアイデアが出なかったからでしょうか?他社よりも良い製品を製造することが出来なかったから?いいえ、一番の原因は社長の「まあいいか」です。『新規事業が立ち上がらなくっても本業が今はうまくいってるからまあいいだろう』 そう思ったことはありませんか?その心の声は確実に新規事業の担当者、新製品の開発者に伝わっています。社長が本気にならないと誰も本気になりません。

新規事業は楽しくなくっちゃ!

仕事は気合いと根性で苦しくてもやり遂げるもんだ!とおっしゃる方もいらっしゃいます。それが正しいこともありますが、一方で新規事業の場合、苦しいことばかりだと長続きしません。ただでさえ新規事業は既存事業と比べられ、社内の金食い虫だと言われます。だからこそ新規事業は本気で没頭して打ち込めるくらい楽しいことをやらなければ成し遂げることが出来ません。楽しさという内発的動機が新規事業をカタチにします。

​やりたいこと できること 儲かること

やりたいことってなんでしたっけ?この仕事が儲かっているからと理由をつけて、できることばかりやっていませんか?これが我が社のできることだからと言って、お客さんが何を求めているか考えずとりあえず試作品を作り始めていませんか?会社の額縁に掲げられている理念、会社のみんなが言えますか?新規事業とは会社の振り返りの場でもあります。会社の理念、会社の強み、そして今後どう売上利益上げたいかを再度会社全体ですり合わせる場でもあります。

​中小企業の力になりたいという想い

中小企業とは特殊な世界です。上司と部下のソリが合わないからと言って部署替えしてもらえる人的余裕もありません。若い社員であっても接客、販売、製造、品質管理、全てのことが出来るよう期待されます。また大企業では考えられない理不尽や非効率的な作業が存在しています。私たちピノベーションのメンバーは中小企業の出身者が多くを占めています。私達は中小企業ならではの事情に寄り添いながら新規事業を一緒に創り上げていきます。さあ、一緒に創りましょう!